島根県奥出雲からこだわりの出雲そばを全国へお届けします。「平成最後の年越しそば」は本田そばで!期間中ネット注文による割引有り!
なまそば干しそば有機商品ギフト季節商品購入場所
トップページ | お問い合わせ
カートの中を見る
超こだわりそば専門カタログ
そば売り上げランキング
本田商店の理念
無添加のそばづくり
商品紹介

企業理念

本田商店の姿勢


そばというのは本来体にいいものです。
しかしながら、最近の食品は保存料、添加物が入れられています。これにより便利さは増したかもしれませんが、身体には?と疑問を感じ、五代目本田屋繁はそばの原点を見つめなおしました。
「食べて美味しい、身体に美味しい」が五代目のモットーです。
何も入れない、加えない当たりまえのおそばを作っています。

有限会社本田商店 企業理念

社長ご挨拶

昔の蕎麦は美味しかったね!

その昔の蕎麦を実現するために3つのテーマ、コンセプト「本物の蕎麦」「美味しい蕎麦」「食べる蕎麦」で試行を重ね、完成したこだわりの逸品。
当社は、その昔、地域・物産である「そば」の製粉を商いとする「粉屋」「蕎麦屋」として大正 2 年に宍道湖の夕日で知られる松江市、縁結びの神様で有名な出雲大社のある出雲市に隣接した南部の、広島県に接する島根県雲南市木次町に於いて創業。
当地方はヤマタノオロチの伝説で知られる水量豊富な斐伊川が流れ、各地に神話・伝説が残り、近年多数の銅鐸、銅剣が発掘。
その昔、山間地ではタタラ製鉄、炭焼が盛んに行われその燃料となる雑木材を切った後に根株を山焼にし、蕎麦を栽培。いわゆる焼畑農法による蕎麦栽培。

この様に奥出雲地方一帯に普及し、製鉄、炭焼の職工が手軽に安価で、栄養価の高い、食べる蕎麦、腹持ちの良い全層挽きそば粉を使用した出雲地方独特の黒い蕎麦が生まれたと考えられます。

「本物の蕎麦」
素材を吟味、国産原料を厳選、出雲地方の昔ながらの製粉方法、いわゆる蕎麦の実を丸ごと挽く、挽きぐるみそして自社製粉した挽きたてのそば粉を製粉後3日以内に使用。やはり挽き立てが一番甘く香り高いそばになります。

「美味しい蕎麦」
素材の美味しさを引き出し、作り手の愛情、熱い思いを商品にどう表現するか、またどう再現するか、また何よりも食卓を囲んで会話のはずむ食品作りこそが本田商店の使用と考えて作っております。

「食べる蕎麦」
自然の素材をいじる事なく、また、食品添加物などを使用せず、健康・安心・安全な蕎麦を表現しています。以上のことから蕎麦粉の粒子は荒く、つなぎの役割をする小麦粉は、グルテン含有量が少ないために、蕎麦粉と小麦粉がつながりにくく、そして、商品歩留まり、賞味期限の問題など試行錯誤しながら原料保管庫の温度、温度調整、蕎麦粉の粒子を複数にブレンドし、菌数の削除、その他を配慮し、やっと完成した商品は蕎麦の栄養価を丸ごとに含み、コシがあり、また、のどごしなめらかな食感に仕上げています。

以上の「昔の蕎麦は美味しかったね」の云われる蕎麦の再現のために、一工夫、一手間加え、愛情を込めて作りました。そのため、粉挽きから 2 時間 40 分余りかけて「なまそば」に、3 日余りかけて乾麺を作っております。
冷たいそば・温かいそばどちらも美味しく召し上がれます。特にお勧めの食べ方は、冷たいおそばなら、色々な好みの薬味(鰹節、ネギ、もみじおろしなど)を添えて食べる割子そば。そばの風味をじっくり味わっていただけます。温かいおそばなら、そばをゆで上げ、そのままそば湯と一緒に食べる釜揚げそば。そばのゆで汁にとけた栄養分を丸ごと召し上がれます。
昔ながらの幅の広い風味豊かな本田のそばをご賞味下さい。
有限会社本田商店
所在地:〒699-1311 島根県雲南市木次町里方1093-44
TEL:0854-42-0172 FAX:0854-42-0176
対応時間:平日9:00〜17:30(土日祝日、年末年始、お盆は弊社休業となります)